葉っぱ

事例紹介

当院で主に使われる装置の紹介

マウスピース矯正

マウスピース矯正とはワイヤーやブラケットを使わず、透明なマウスピース型の装置で歯を動かす新しい矯正方法です。目立たず、周囲の人に気づかれにくいのが特徴です。
これまでの一般的なワイヤーでの矯正方法は、
・見た目が気になって会話が楽しめない
・装置に食べ物が詰まるので歯のケアや歯磨きが大変
といった精神的、身体的な負担がありました。
マウスピース矯正は透明度が高いプラスチックでできているため、目立たず見た目を気にすることがなくなります。また、取り外しが容易のため、食後の歯のケアが楽というメリットがあります。
人と会ったり喋る機会が多い仕事の方でも、他人に気づかれずに歯科矯正を行えるマウスピース矯正は、社会人の方や年配の方でも負担の少ない矯正方法と言えます。

マウスピース矯正.png

メリット

装着しても目立たない!

従来の金属ワイヤーとブラケットによる矯正装置と一番大きな違いは、透明なマウスピース型のため装置をつけていても目立たないということです。
治療中に見た目が気になる方や人と接する機会が多い方などに適しています。
また、ブラケットを装着する必要がないため、矯正後の後戻り治療にも適した装置です。

簡単に取り外しができる

矯正装置が舌にぶつかって痛かったり、食べ物が装置に詰まるなどの問題がありません。ご自身で取り外しができるので、食事中は装置を外して食事を楽しむことが出来ます。
また、歯磨きもきちんと行うことができ口腔内を清潔に保つことができます。

一般的な矯正装置と比べても違和感がない!

従来の矯正方法と比べて痛みが少なく、唇や口の中の粘膜などを傷つけてしまう心配がありません。
装置自体の異物感が少なく、「話しづらい」「口内炎がよくできる」等の不快症状がありません。また、金属アレルギーの心配がありません。

デメリット

本人の装着努力に治療効果が左右される。

マウスピース矯正は、長時間(20時間以上)装着する必要があります。「取り外しができる」メリットの裏返しとして、長時間装着するには患者様の努力が必要となります。患者様の努力によって治療効果が左右されるという点がデメリットの一つと言えるかもしれません。

難しい症例が苦手

また、マウスピース矯正では歯の移動に限界があるため難しい症例があり、対応しきれない場合があります。

|自由診療|

◆治療方法

◆治療費用

◆期間/回数

◆リスクや副作用について

20時間以上口腔内に装着

100,000~680,000円(税込み)

1~3年程度 月1回程度来院

最初は矯正装置による不快感や痛みなどが現れることがあります。数日間で慣れることが多いです。

歯並びを整えることは、健康美を求めることだけではなく、本来その人が待ちあわせている健康を阻害する要因を取り除くために必要な治療です

マルチブラケット装置

当院では様々な治療法や装置を取り扱っておりますが、中でも最も治療実績が多く、推奨している治療法がマルチブラケット装置を使用したワイヤー矯正です。
マルチブラケット法とは、ブラケットという一つひとつの歯に接着させた小さな装置に形状記憶で弾力性のあるワイヤーを通し、歯並びを整えていく治療方法です。一般的に矯正治療というとこの装置を連想される方がほとんどではないでしょうか?ほぼすべての症例に対応可能なもっともスタンダードな治療方法です。

マルチブラケット.png

ブラケットそのものでワイヤーを固定することが可能なセルフライゲーションタイプと呼ばれるよばれるマルチブラケット装置を装着した症例

マルチブラケット2.png

プラスチック製のマルチブラケット装置にモジュールと呼ばれるゴム状のものでワイヤーを固定した症例

メリット

ほぼすべての不正咬合に対応できる

歯を精密に移動させることが出来るので、見た目も噛み合わせもより完璧に近い仕上がりにすることが出来る

矯正においては最も歴史が長く治療方法も広く普及しているため、多くの矯正医が対応でき、引っ越しの場合など転院の際にも引継ぎがしやすい。

デメリット

いつたん歯にブラケットを付けると治療が終わるまでは外せないのでむし歯リスクが高まる。

矯正装置が目立つ

マルチブラケット法の最大の利点は、患者さん一人ひとりの状態に合わせ、細かな微調整もオーダーメイドで行うことが出来るため、仕上がりもキレイになることです。
この方法のデメリットとして挙げられた「装置が目立つ」という点についても、
当院では前歯にはセラミック製かプラスチック製の透明色で目立たないブラケットを使用し配慮しています。ワイヤ-についても白くコーテングされたものやホワイトワイヤーを使用してさらに目立たないようにすることも可能です。

|自由診療|

◆治療方法

ブラケットという一つひとつの歯に接着させた小さな装置に形状記憶で弾力性のあるワイヤーを通します。

◆治療費用

◆期間/回数

◆リスクや副作用について

320,000~580,000円(税込み)

1~3年程度 月1回程度来院

最初は矯正装置による不快感や痛みなどが現れることがあります。数日間で慣れることが多いです。

マルチファミリー

咬合誘導装置のマルチファミリーは柔らかいシリコンで出来ているマウスピース型装置です。寝る前の2時間程度と就寝中に使用します。学校に持っていかないので矯正治療していることが友達に知れることはありません。当院では乳歯列期、混合歯列期で、叢生,過蓋咬合、開咬、上顎前突、舌癖のある症例に使用しています。マルチブラケット法などによるⅡ期治療が必要になる場合もあります。

マルチファミリー1.png

マルチファミリーの写真

マルチファミリー2.png

マルチファミリーを装着した口腔内写真

|自由診療|

◆治療方法

◆治療費用

◆期間/回数

◆リスクや副作用について

寝る前の2時間程度と就寝中に使用

150,000円(税込み)程度

1~2年程度 月1回程度来院

最初は矯正装置による不快感や痛みなどが現れることがあります。数日間で慣れることが多いです。この装置のみで改善しない場合もあり、マルチブラケット法などによるⅡ期治療が必要になる可能性もあります。

その他

ムーシールド

下顎前突の小児に用います。矯正歯科Q&Aの下顎前突を御参照ください

ムーシールド

|自由診療|

◆治療方法

◆治療費用

◆期間/回数

◆リスクや副作用について

寝る前の2時間程度と就寝中に使用

150,000円(税込み)程度

1~2年程度 月1回程度来院

最初は矯正装置による不快感や痛みなどが現れることがあります。数日間で慣れることが多いです。この装置のみで改善しない場合もあり、マルチブラケット法などによるⅡ期治療が必要になる可能性もあります。

インクライン

上顎前突の小児に用います。矯正歯科Q&Aの上顎前突を御参照ください

インクライン装置.png

|自由診療|

◆治療方法

◆治療費用

◆期間/回数

◆リスクや副作用について

寝る前の2時間程度と就寝中に使用

150,000円(税込み)程度

1~3年程度 月1回程度来院

最初は矯正装置による不快感や痛みなどが現れることがあります。数日間で慣れることが多いです。この装置のみで改善しない場合もあり、マルチブラケット法などによるⅡ期治療が必要になる可能性もあります。

 
 
 
 
街並み

当院で矯正治療を行った
患者さんの例を紹介します

施術前
施術後
初診時は反対咬合で、さらに下顎を右側にずらせなければ臼歯部を咬み合わせることができませんでした。そのために上顎前歯の正中と比べ下顎前歯の正中は右側にずれています。また顔貌を見ると左右非対称となっています。
矯正治療を行うことによって反対咬合が改善し、上・下顎の正中が一致し臼歯部もしっかりと咬むことができるようになりました。顔貌も左右対称となり健康美を獲得することができました。

|自由診療|

◆治療方法

混合歯列期(乳歯と永久歯が混在している時期)にムーシールドを用いて反対咬合を改善させました(約1年間)。永久歯列期(全ての乳歯が永久歯に交換した後の時期)にマルチブラケット装置を用いて全歯牙の再配列をしました(約1年間)

◆治療費用

全総額費用550,000円(税込み)程度

◆期間/回数

一般的には1か月に1度来院して2~3年程度であるが、この症例では永久歯への生え変わりを待っている期間があったので4年程度

◆リスクや副作用について

  • 一時的に話しづらかったりする患者さまもいるようです。

  • 隙間に食べたものが挟まりやすく、虫歯や歯周病になりやすくなります。

  • 最初は矯正装置による不快感、痛み等があります。数日間〜1、2週間で慣れることが多いです。

矯正治療には、お金と時間とわずかながらも忍耐が必要です。美しい歯並びと正常な咬み合わせによる健康美は、装飾品や服のように身に付けた時だけではありません。あなたの口元、そして人生を輝かせるためにも、まずはお気軽にご相談下さい。